ここにいていい

ずっと生きづらかったわたしが、ゴキゲンなただのオンナに戻っていく日記

ただのオンナをブチ切れさせてしまった件

 

 

こんばんは。めんたい子です。

 

今回は、「ただのオンナ」継続コースの初回セッションの感想について書こうと思ったのですが…

その前に、初回セッション直前に真穂さんとメールのやりとりをしていてキレさせてしまった話を書きます。たぶんこの事件?が、わたしにとってターニングポイントになったと思うので。

 

え?ただのオンナって何?真穂さんってどなた?と思った方は1つ前の記事をご参照ください。

 

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

 

わたしは一応facebookアカウントを持ってるけど、ほぼ見ません。まず言うほど書くことないし、リアルの友達とネットで繋がるのがちょっと苦手だし、決定的な理由としてリア充が眩しすぎて辛くなるからです。 

ですが、ネットで「これは良いな」と思った記事を拡散するために投稿する、というかブックマーク代わりにしているというか、そういう使い方をしていました。(今気づいたけどそれtwitterでやればいいんじゃん)

 

なんでか忘れたけどその日無性にやさぐれてたわたしは、ローソンでハイボール濃いめとおつまみを買って、家でひとり呑みしながらスマホをポチポチいじってた。

で、目に留まった記事があったんでfacebookで拡散した。ついでに何の気なしにログインしたら、とんでもないものを見つけてしまった。

 

知人が起業して、月収100万になってた。

 

もう、衝撃アンド衝撃。胸の奥からカーッと熱いものがこみ上げてくる。

というのも、わたし実は数年前からネットで副業できないかなーと考えて情報収集してたんです。で、数万円のマニュアル買ったりしてね。

でもなんだかやる気が出なくてずっと放置。トライしてみるんだけどちょっとつまずくと嫌になって放置。しばらくしてまたやる気になってトライしてみるんだけd(以下略)

結果、ノウハウコレクターになってあやしいメールがいっぱい来るだけの人になってしまった。あー情けない。ダッセェ。

 

そんな自分に嫌気がさしていたから、コツコツ自分のコンテンツを構築して起業数か月で月収100万になった知人を見て、自分が情けなくて悔しくてはらわた煮えくり返ったのです。

ちょうどもうすぐ初回セッションの日だし、もともと「もっとお金ほしい」てのもセッションの際に相談しようと思っていたし、今の気持ちに向き合って真穂さんに報告してみようと思って書いたメールの一部がこちら。

※本質に支障がない範囲で、プライバシー保護のため一部改変しています

超久々にFacebookにログインしたところ知人の起業の事実を知りました。

胸の奥がカーッとして涙が出ました。飾らずに素直な気持ちを書くと、「悔しい!わたしもお金を自由に使える生活がしたい!どうしてわたしはいつもこんなにお金に困ってるんだよ!美味しいごはん食べたいし上質な服や靴だって身に付けたい!悔しい!!!悔しいーーーーー!!!!!何やってるんだよわたしはよ!!!!」という感じでした。

ネットで副業できないかな…と情報収集し始めたのが確か2-3年前。それから今まで全く何も変わってない自分が悔しくて悔しくて。
同時に、知人の成功を喜べない自分の汚さにもうんざり。お金にめちゃくちゃ執着している自分にもドン引き。
「お金があれば幸せになれる」みたいな考えに偏ってしまっているのではないか、でも「そう思わないようにしよう」てのは不自然じゃないか、みたいな感情と思考の遊びに入ってしまったり…。

そして、一度は見ないフリしようとしてしまいました。もう、知人のことはわたしに関係ないのだし、とっとと寝よう、と。でもやっぱり気になって気になってしょうがない。あぁ、無視しちゃいけないやつだ、ごめんねと自分に謝って向き合いました。

「目の前に起きることは完璧」なので、この出来事は私に何を教えようとしてくれているのか?を考えてみました。結果、「わたしにも知人と同等のお金を得られるチャンスがあることに気づけよ」という報せなのかなぁというところに落ち着きました。

なんか自分に起業とか、普通に務める以上の月収とか無理、って思い込みがどこかにあったんですよねずっと。だから、副業のこと調べても全然やる気でなくって作業しなくって、結果ノウハウコレクターになっただけという。

もう、そんな自分やだ!お金を自由に使えるHAPPYな人生送りたい!そんでもって長時間バリバリ働くのはつらい!1日8時間働くとかムリ!というクッソわがままな感情が湧いてきて…

はぁ、認めたくないドロドロの感情だけどこれが今のわたしの本音だよなぁと明らめている最中です。まだちょっとすっきりしてない感じ。徹底的に落ち込んで絶望しきって、そんで波に乗りたい…

 

さらに、同じメールで夫とのセックスレスの件についても相談しています。少し過激な内容含みます。

 

すごく恥ずかしい話なのですが、わたしたち夫婦はセックスレスなんです。結婚して1年くらいからレスになってしまいました。
きっかけは、わたしが結婚生活に慣れずピリピリして常に疲れていて(苦手な料理をちゃんとしなきゃ、とか)夫からの夜のお誘いを何度か断っていた時期があったことです。

それ以降回数が減り、夫から誘ってもらえなくなり、こちらから誘っても拒否されたり、いざ事を致そうとしてもわたしの体が受け入れ態勢にならなかったり。夫はもう今は性欲が無いと言っています。

わたしも健康な成人女性なのでそれなりに性欲はあるのですが、ただ事を致せれば良いってわけじゃないんです。必要とされていると実感したい。女として魅力があるってことを実感したい。愛されてるって実感したい。わたしにとっては、そのための行為なんです。

もうわたしは女として終わったのか…女としての価値はないのか…と、本当に悲しくなって何度も何度も一人で悩んで泣きました。

何度か話し合いもしました。でも、全部アクションはこちらから。夫は「この事で話し合いはしたくない」というのです。すごく辛いと訴えているのに正面から向き合ってくれない、気持ちをぶつけてくれないこともショックでした。

セックスレス以外の面についても夫に不満があります。でも良いところももちろんあるので離婚したいほどじゃないと思うし、第一セックスレスで離婚なんてわたしはそんなに性欲が強いのか、ホント恥ずかしいな…みたいな。男女逆ならよく聞くけど。

今までは「わたしが我慢すればすべて丸くおさまるんだから」と、自分の辛さにフタして見て見ないフリしてたんです。話し合いもしたがらないし、相手あっての行為だからわたしが頑張ってどうにかなることじゃないし。それに、セックスだけがすべてじゃないし~、みたいな。

でも、最近身近にすごく性的魅力を感じる男性が現れまして、正直心が揺れています。これが、見てみないフリした自分が盛大な仕返しをしてくるってやつ…?ちなみに今の時点ではわたしがその男性に一方的にときめいているだけで一切やましい関係はありません。

ただ、きっかけがあればやましい関係に持ち込みたいと思っている自分に気づいてます。わたしはまだ女としての魅力がある!って証明したいと思っています。自分のこと、本当に最低だと思います。認めたくない感情です。

不倫は悪いことだってわかっています。夫を傷つける行為だということも。離婚の可能性があることも、社会的・法的制裁が下される行為だということもわかっています。それでも、自分の心がひっかかる。

真穂さんの過去のブログで(2015/12/23)たとえ世界が敵にまわっても、自分は自分の味方でい続けるだけというタイトルのものを読み返しましたそれを今のわたしの状況に置き換えると
「わたしは不倫したい、が本音で良い。そんなわたし最高」

と認める、ということなのでしょうか。
そんな風に思ったら正直バチが当たりそうな気がして怖いです。でも、今度の飲み会で隙あらば一線超えようとしている自分の方が怖いです。ていうか、そこまでセックスにこだわってる自分が嫌です。

この出来事が完璧だとして、わたしに何を教えようとしてくれているのか?もっと周りに女性性をアピールして良いよ、ということなのか。もやもやもやもやしてます…。

 

 

ちなみに、この男性とは何も起こりませんでした。

これに対する真穂さんからの返信がこちら↓

 

うーん、ちょっと厳しいことを書きますね。
 
ちょっと大事なことからずれてるかもしれないですね。
不倫がダメとかじゃなくて(したいならしていいと思いますが)、被害者意識というか、自分の人生上手くいってないの誰かのせい、という感じですね。
 
月収100万のお友達がそこまで悔しいなら、さっさと副業したらいいんじゃないですか?でも、そこを動けない自分を曖昧にしてなんか、「向き合った風」にしてますね。
 
もしかしたらめんたい子さんの生き方自体が全部そうなんじゃないかな?
 
考えてる風、やってる風、わかってる風、みたいな。それやってたら、きっといつか良いことが起こって自分が何も行動しなくても助けてくれるだろう、みたいな。
それはわたしがよく言うふわふわスピリチュアルで、絶対人生変わらないパターンですね。
 
副業も、お金はほしいけれどそれはめんどうなわけで、楽な方法を探してるってことでしょう?
そのお友達はめんたい子さんが逃げてるそれらにまっすぐ向き合っての結果じゃないかなと。
めんたい子さんは、お金ほしいよりリスクやめんどうなのが嫌なのだろうから、それはそれで願い叶ってますよね?
 
 (中略)
 
継続コースの皆さん、一度はこうやって雷落とされてますので、めんたい子さんに限ったことじゃないです。
ただ、お互い顔合わせする前にこういうことを言われたら、よりこわいとは思うのですが。。。
 
というわけで、3日、お互いの認識合わせも含めてしっかりお話しましょう!!
ここからがスタートですね。どうぞよろしくお願いします。

 

正直、すっごいショックでした。何がショックかって、「わたしの今までの人生、全部わかってる風」という点です。

心理的ダメージを受けたときって、比喩として「胸が痛い」とか言うと思うんですけど、わたし本当にダメージでかいときって物理的に「心臓が痛く」なるんです。

 

で、このメール読んだとき心臓ズキズキ痛くなった。

外出中だったんですけど、泣きそうでした。涙目にはなってました。調剤薬局にいたんですけど、薬剤師さんには多分泣きそうなのバレてたと思います。きっと、風邪が辛いのだろうと思ってくれたことでしょう。

 

で、「うわっ」と思ってスマホの画面消してうなだれて、もっかい読んで、また「うわーーーーーっ」てうなだれて。

しばし落ち込んだ後、「こんな風に言うことないじゃん!ひどい!わたしだって自分と向き合おうと思って頑張ったのに!」て思いがよぎって、そのすぐ後に

 

「あれ?わたしが今思ったことって、まんま被害者意識じゃない?てことは、ショックだけど、結局真穂さんの言うとおりってことじゃない?」

 

と、ふと気づく。

そこで、「わたしは被害者じゃない。被害者にはならない。」と心に決めてもう一回冷静にメールを読み返してみると、不思議と責められてる感を一切感じなかった。

さっき読んだときは、めちゃくちゃ怒鳴られているように感じたのに、被害者じゃないと決めて読んだだけで、諭されてるように感じる。むしろ、自分のために本気になってくれてありがたいとすら思う。

 

全く同じ文章を読んでいるのに、ですよ?

この気づきが自分にとっては衝撃で、本当に自分次第というか周りの出来事はそこまで関係ないというか、そういうことを体で理解できたんです。

そして、自分が被害者意識を強く持っているということも。

 

ここから数日間、「わかった振り」で生きてきた半生を振り返ってめためた落ち込みます。

・そういえば、両親の離婚で辛かったときも「聞き分けの良いフリ」してたっけなー…

・就活のときも、自己分析してキラキラした学生ぶって「自分のことわかったフリ」してたわー…だから落ちまくったんだろうなー

・人の話がよく聞き取れなかったとき聞き返すのめんどくさくて「何の話かわかったフリ」よくしてるよなー…

・性格改善セミナーみたいの行ってワークやって、「腑に落ちてないのにピンときたフリ」したなー…

・自分を見つめたフリしてたけど、ほんとのほんとに見つめなきゃいけない、「自分超絶ナマケモノ」「別に今のままでいいと思ってる」てとこから目を逸らしてたよなー…

 

とかね。ほかにもいろいろ。 

そして、その落ち込みに更に追い打ちをかけるように真穂さんの怒りのブログ記事3連発。

 

キレ記事1 「そもそも、こんなことさえ出来ない自分」を明らかに受け止める。もう一度、原点に立ち戻る。

キレ記事2 今日のわたし。

キレ記事3 一連のキレ記事に終止符を(たぶん)。「在り方」の話をしよう。ダサい人、ほんっとーーーーにムリ!!!

 

ちょっと長くなりそうなので、続きは分けて書きます!

それでは。