読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにいてもいい

自分を責め続けてきたわたしが、ただのオンナに戻ってゆく完全自己満日記

ただのオンナをブチ切れさせてしまった件 その2

 

 

こんにちは。めんたい子です。

前回の記事の続きです。ご覧になっていない方はそちらからどうぞ。↓

 

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

「わかった振り」ばっかりの半生を振り返って、ドゥーンと落ち込んでいるわたしに追い打ちをかけるように、真穂さんのブログでキレ記事3連発。

 

キレ記事1 「そもそも、こんなことさえ出来ない自分」を明らかに受け止める。もう一度、原点に立ち戻る。

キレ記事2 今日のわたし。

キレ記事3 一連のキレ記事に終止符を(たぶん)。「在り方」の話をしよう。ダサい人、ほんっとーーーーにムリ!!!

 

特にですね、キレ記事3がとてもわかりやすい+響いたので、何か所か引用させていただきます。

同じように、怖い。同じように、苦しい。

 

なのに、どうして

わたし:吐きそうになりながらも直視&絶望&(どうしていくか)決める

ある人:吐きそうになりながらも、直視しない&絶望しない&決めない

 

ってなるのか?

なんか、わーわー大騒ぎしてるんですけど、大騒ぎして絶望した風にしてるんですけど、あくまで「やってる風」なんですよ。 

やってきてるこちらから見たら、まるわかりなんです。「やってる」のと「やってる風」なのとは。

ざっくりわかりやすいところで言えば、本当に「やって」さえいたら外側(他人)のせいにしたり、外側(他人)に望んだり(求めたり)することができなくなるはずなんです。

【どこまでも自分でしか無い】に落ち着くはずなんです。

 

 

うぅ、わーわー大騒ぎして絶望している風=わたしだー…。

でも確かに、わたし自分とちゃんと向き合っていないから、いろいろと人のせいにしている。(セックスレスの件で言えば、夫のせいにしてる。)

 

 (中略)

 

お金かけて、3ヶ月間もかけて、なのになぜやってる風、わかってる風、向き合ってる風、絶望してる風、し続けるのか?(しつこいですけど、始めて〜途中まではいいんですよ。その途中で変われば。)

 

なぜにそこまで、ダサい自分で居続けられるのか?

それでよーーーーやくわかったんですよ。結果が出る人と出ない人の差。わたしと、そういう人との根本的な違い。

 

それは、

 

ダサく在ることが嫌な気持ちよりも、

【外側の何かを手放したくないor得たい】ことのほうが

優先順位がどーにも高い

ということなんでは無いかと。

 

なんでもいいから、

とにかく彼氏が欲しい。

とにかく結婚したい。

とにかくお金が欲しい。

とにかく友達に好かれたい。

 

つまりそれしか見てないの。

つまりそれしかほしくないの。

それが手に入るか?手に入らないか?

それしか興味ないから、

自分の在り方とか、

どーーーでもいいの。

 

うわー、恥ずかしいけどその通りだ。

あのメール送る前に、「つまりわたしはどうしたいんだっけ?」って考えてみたけど、行きついた答えは「うーん、とにかくお金欲しいんだよなぁ」ってことだった。本当にびっくりするくらい、真穂さんのブログに書いてある通りだった。

そういう自分がダサいかどうかなんて全く考えなかった。

 

 

とゆうか、どーーーでもいい以前に、

そんなとこ自分に省みる余裕がまったく無いの。

 

だって、

獲物が得られるか?

少しの損もしないか?

いかに【得】か?

それにばっか夢中で、他の何をも手放せないんだもん。

 

 

つまり、

品が無いの。

 

 

つまり、

美学が無いの。

 

 

つまり、

超絶ダッサイの。

 

 

ひぃぃぃぃぃぃっぃぃぃぃー( ゚Д゚)

少しの損もしないか?

いかに【得】か?

のところなんて、まさにその通り。

今回の相談メールがどうのこうのじゃなく、わたし今までの人生ずーっと、「自分が心地よいと感じるかどうか」よりも「少しの損もしないか、いかに得か」に軸を置いていろんな選択をしてきた。

ていうか損得に意識を置きすぎて、「自分がどういう状態を心地良いと思うか」を考える、感じることすら放棄してきた。

そこに向き合ってこなかった結果が、今の「なんだか妙に閉塞感がある何やっても心から楽しめないビクビクしてるパッとしない人生」なんだな。

 

そりゃ、自分の望む人生なんて手に入るはずないよ!だって、自分が何を望んでるかわかってないんだもん。と妙に納得。

 

 

で、わたしは確かに、

自分を生きてれば、

お金も素敵なパートナーシップも楽しい毎日も手に入るよ!って言ってきていて、

それを望むのを止めて世捨て人とか清貧気取れと言ってるのではない。

 

でもそれは、

あくまで【自分を生きていれば】って言ってるんだから、

全ては自分の在り方から始まるわけよ。

 

 

で、自分を大切にするって言うのは、自分に対して

息子をただただ甘やかしてめためたに溺愛して庇護するバカ親みたいになれ、て言ってんじゃなくて、

一番尊い自分に、

美学ある生き方(在り方)をさせてあげろよ

って言ってんのですよ。

 

つまり、

一番尊い自分を弱い者扱いするような、

被害者扱いするような、

アレ欲しいコレ欲しい

それが無いと怖いよ怖いよ

わーんわーん!って

いちいち外側に振り回されて右往左往大騒ぎするような

(だから社会や他人や親の評価にいちいちビクビクおどおどするような)

ダッサイ生き方(在り方)させんなよ!!

って言ってんのですよ。

 

 

ここを読んでようやく、「自分を大切にする」ってのがどういうことか腑に落ちる。

すごく熱が伝わってくる文章ですよね。

 

そして、あー確かに、わたし今まで一度も「自分の在り方」とか「生き方の美学」とか考えたこともなかったなー。って気づく。

 

更にまたここで改めて、どんだけ今まで自分のこと弱い者扱いしたり被害者扱いしたりしてたんだよっ!ばかやろうっ!と落ち込む。

両親の離婚で甘えられなかった子供時代、かわいそうだったよねー・・・とか。

何か面白そうなことに興味を持っても「あんたなんかにどうせ無理」と、始める前から諦めちゃったりとか。(これと、できない自分を明らめるのは似て非なるものだと思う)

 

わたし、どんなに過酷な境遇だったとしても人に対して「かわいそう」と思うのは失礼なことだと思っていたんですけど、その失礼なことをずーっと自分に対してやり続けてきたんだな。

 

 

そうして、

そうやって(怖いながらも)突き抜けて自分を生きてたら

勝手にお金やらパートナーやらなんやら、

必要なものは十二分についてくるから!!!

って言ってんのですよ。

 

そんで

それには何か特別な能力や才能やらはいらなくて、

その全てをこなせるチカラが

もともと全員の中に備わってるんだから!!!

って言ってんのですよ。

 

コレ、ちゃんと聞ーてた???

 

って話なんですよ。

 

 ここもすごくわかりやすい。今までの真穂さんのブログでの主張を超まとめるとたぶんここになると思う。

そしてわたしは今までちょっと勘違いしていてふわふわスピリチュアルだったなぁと。

 

お金とか愛情とか、そういうものが目的として先にあって、「じゃあそういうもんが手に入るんなら」ってゴールを目指してやりたい放題やってたら自分が何のリスクも負わなくても思い通りになる、みたいに思ってた。

(セッションの際に聞いたんですが、そういう思いを手放せないから結局まわってこないという…)

そして、そう思ってる自分を見てみないふりしてごまかしてた。

その外側にあるものがほしい!ていうのがきっかけでも全然良いんだと思うんですけど、結局は自分を生きるっていうのを軸に置く覚悟が必要なんだなぁと。

 

 

 

(中略)

 

その外側(彼氏を!お金を!)っていう執着に翻弄されて

自分を直視できない人って

結局そのどれをも手に入れられないもん。

 

姑息だから。

 

ダサいから。

 

誤魔化しまくりの、やましさありまくりの人生だから。

 

それ、必死で隠して誤魔化し続けることにエネルギー使ってるから

パワーでないもん。

 

 

そういう人がお金にも男にも友人にも、

大事にされたり愛されたりするわけが無いんだわ。残念ながら。

 

 

うわーーーーーーー!!!!

これ!ここですよ!!!!!!

 

やましさMAXの自分を隠すことに全力を使ってるから、生きていくパワーが出てないんですよ!そら毎日やる気出ねーわ!

 

そんで、真穂さんの言葉を借りるとたぶんそのやましさは生ごみをムリヤリ押し込んだ押し入れみたいに、臭ってきてるんだわ!!!

くせー!くさいよ自分!!!!わたしの人生くっせーよ!!!

 

あー興奮して疲れた。

 

もうね、これだったのかー!と思って、ここの部分スマホの待ち受けにしちゃいましたよ笑。

 

 f:id:gokigen-mentaiko:20161207111147p:plain

 

(中略)

 

なので(話戻って)、

その目線の人たちに合わせる気が無いのなら排除です、排除。

 

というわけで再び、

 

ダサい人、ほんっとーーーーにムリ!!!!

 

来んな!!!!

 

です♡

 

(中略)

 

誰が悪いわけでもダメなわけでも間違ってるわけでもなく、

あくまで【わたし】はそういう趣味嗜好だということ。

そこにこだわってやってるっていうこと。

それをわからないでここに来てしまったら、

お互いに不幸ですから。

 

もし、そういうわたしのこだわりが違うと思ったら

「わたしは違うと思う」で全然いいんです。

自分の「こう思う」をあなたは生きればいいんです。

それに今、「ダサい」でも、明日には変わってるかもしれない。

誰の可能性も否定してません。

わたしも、気づくのには時間がかかったほうだから。

だけど、ミスマッチはお互いに悲しいので。

そういうことは、ますます減らしていければなと思うんです。

 

ここでふと、考える。

 

あれ?わたしセッション行って大丈夫か?

わたし、来んなって言われてる部類じゃないか?と。

 

なんか、自分を卑下してるとか「真穂さんが正しくて自分間違ってる」とか思ったわけじゃなくて、真穂さんが言っているようにミスマッチにならないか?真穂さんの目指しているところとわたしの目指しているところは概ね同じ方向を向いているか?

 

そこを、フラットな気持ちで(落ち込んだーとかわたしダサいーとか抜きで)ちゃんと考えて納得した上でセッションに行くorセッションを断るほうが良いな、と思ったんです。

 

で、自問自答。

そもそも、なんで真穂さんのブログ見つけたんだっけ?

なんでそのあと食い入るように最初から読んだんだっけ?

なんで継続コース申込しようと思ったんだっけ?

結局わたしはどうなりたいんだっけ?

 

諸事情あり、継続コース申込から初回セッションまで2-3か月経っていたので、最初の気持ちを忘れてしまっていたんですね。

 

・そもそも、「自分を大切にする」で検索したんだった。それで真穂さんのブログにたどり着いたんだった。

・ブログを食い入るように読んだのは、「がんばらなくても愛される」そんな事が起こり得るのか?!でもこの人はそうなってる。自分もこの人みたいになりたい。この人に起こったことを知りたい。そう思ったからだった。

・継続コースを申し込んだのは、ブログを読めばよむほど、自分のそういう思いが強くなって抑えきれなくなったからだった。そんな折にタイミング良く手元に払えるお金が入ってきたからだった。

・結局わたしは、自分のことを好きになりたいんだった。自分で自分を幸せにしたいんだった。自分で自分の機嫌をとれるようになりたいんだった。

 

ここまでは紛れもない本心だった。

でもでもでも、お金もほしいし夫とのセックスレスを解消したいのも本心だ。

つまり、外側を求めてるのも事実ってことだ。

 

真穂さんのブログでは「外側に翻弄されてるのはダサい」って書いてあったけど、そういう割り切ってて自分に正直で泥臭くて貪欲なのもまぁ有りなのかなって思う。

 

結局、在り方より損得を重視して外側だけに狙いを定めて求めにいくのか、一時的に損しても自分を生きる方を選ぶのか、どっちか決めなきゃいけないってことだ。

 

じゃあ、超極論。

・お金に全然困らなくて使いたい放題で夫との性生活も満足だけど自分のことすっごい嫌いで粗末にしてていっつも不機嫌

・お金もセックスレスも今のまんまもしくはそれ以下でカツカツだけど自分のこと好きで大切にしてて機嫌が良い

のとどっちが良い?

って自分に聞いてみたら、迷うことなく後者だった。

 

じゃあ、もう決まりだ。大丈夫だ。セッション行こう。

ダサいから来んなって言われるかもしれないけど、そん時はそん時だ。わかってもらえないかもしれないけど、そん時はとりあえず思いの丈をぶつけよう。そう決めた。

 

お金もほしいしセックスレスも解消したい。それは事実だし今も変わらない。けど、その望みを捨てるわけじゃなくていったん保留しといて、まずは自分を生きることから始めよう。

それに、怖くても自分を生きていればそういうのは後からついてくるって真穂さんも言ってるし。

 

本当にそうなるかどうか、一時的に損するかもしれないけど、自分の人生で実験してみよう。

というか、本当にそうなるとわたしは信じたい。そっちの方が楽しいから。

 

 

 

すごーく長くなりましたが、こんな気持ちの流れを経て、びくびくしながら笑、初回セッションに臨んだのでした。

お金ほしい!とかって気持ちを諦めないと自分を生きれないんじゃなくて、いったん保留しとこ!って柔軟に考えられたのが良かったのかな、と思います。

 

なんか今までは0か100か思考みたいなとこがあったんですけどね、今回は自然とそう思えました。あー、まあそれが「正解」なのかどうかはよくわかんないですけど、自分で出したその答えに自分が納得してるんで、まあいいのかなーと思ってます。

 

 

そんな感じでガクブルで臨んだ初回セッションだったのですが、実際にお会いしてみたら真穂さんめちゃくちゃ可愛らしい方でびっくりした。本当に、あの華奢な体のどこからあんなパワーが生まれるのか…

 

きっと、自分を生きてて臭くないから「生きるパワー」に溢れてるのでしょうね!素敵です。わたしも今、ぽろぽろと1枚づつ皮を剥いで、そちらへ向かっている最中です…!

 

 

次回は、継続コース初回セッションの感想を書こうかなーと思います。

長くなりました、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!