読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手やる。でも本気だよ^^

自分を責め続けてきたわたしが、ただのゴキゲンなオンナに戻ってゆく完全自己満日記

「ただのオンナ」初回セッションを終えて。その2

 

 

こんにちは。めんたい子です。

初めましての方はコチラ↓に目を通していただくとわかりやすいかも。

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

自分に言い聞かせるためにも、改めて。

 

わたしはただ、淡々と書くだけ。このブログを書くことが、自分と向き合う地味な作業のひとつだ。これがたぶん、目に見える行動と目に見えない行動の中間。その中で出てきたいろんなドロドロの気持ちも目を逸らさず受け止める。これがたぶん、目に見えない行動。目に見える行動にしたいなら、ノートに書いたって良い。で、お弁当作るのやめたのが目に見える行動の一歩。わざと効率悪いことするのも、わざとちんたら歩くのも。

 

 外側にぐうたら文句言って動かない状態はもうイヤなので、自分が今やってることの意味とどこに向かっているのかの再確認でした。

 

 

さて本題です。

今日は「ただのオンナ」継続コース初回セッションの内容について、以前書ききれなかったことを書きます。以前の記事はコチラ↓

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

 

どうしてわたしは、自分を幸せにするよりも自分を責める方を選んでいたのか。「たぶん、めんたい子さんの中に答えはあるはず!」と言われて「タマシイを震わせる」以外だと何だろう?と思い至ったのが、

 

自分を責めるのをやめると、ますます自分がダメになる気がした

 

ということだった。

自分を責めて、自分に超厳しくして、それでやっとどうにか今の自分を保ってるんだから、自分を責めるのをやめて思いのままありのまま生きたら今よりもっとダメになってしまう。今の自分でさえ超ダメダメで好きになれなくて全然納得いってないのに、今よりダメになったら絶対やばい。世界終わる。誰からも見放される。 そんな風に思ってたんです、たぶん。そう伝えたわたしに対する真穂さんの答え。

 

「責めても責めなくてもどっちにしろどうせダメなんだから、自分のことダメだって認めちゃいましょう(^^♪」

 

ズバーン!ドーン!うぅぅっ!!!わたし涙目。笑 でもそれはつまり刺さったってこと。

そっかぁ。本当に本当に、自分がダメだってこと、できないってこと、社会生活不適合者だってこと、認めたくなくて必死だったんだなぁ。自分はきっとできるはず、社会から認められる人であるはずって希望持っていたかったんだなぁ。ていうかそう言われて涙目になるってことは、自分なりに超絶望してセッション臨んだつもりだったけどまだまだ「やってる振り」で自分から目を逸らしていたい気持ちが残ってたんだなぁ、と再認識。

 

ハムちゃんが車輪カラカラ回してて「なんで前に進めないのー!泣」って頑張ってさらに高速で車輪回し続けて、もう無理疲れたーってゼェハァしてる絵が浮かんだ。車輪の外の世界が怖かったとしても、怖がりつつもただ降りちゃえば(自分を正面から見つめて認めて、動けば)前に進めるのにね。

 

なんかね、ずっと、自分が「できない子」になることとか授業で「ついていけない」ってなることがすっごく嫌だったんです。あとお店や電車で支払いモタモタするのとか。それをわたしは性格的にせっかちだからだと思ってたけど、そうじゃなかった。どんくさいダメな自分隠すために鎧装着してたんだ。

 

 

あとは、当ブログについて言及してくださった真穂さんのブログ記事↓

santasantasan.hatenablog.com

でも書いてあって、セッション当日にも教えてもらったのだけど、

 

自分に不満を持ってる=夢見ていられる状態 が楽しい

 

だから、それが楽しいから、自ら進んで不満持つ方を選んでいた。夢見る夢子ちゃんでいる方を選んでいた。というのも理由のひとつだった。

 

ダイエットで例えると、本当は痩せる気ない自分を認める=太ってる自分に不満を持たない、となると痩せた後のキラキラした自分を夢見ることができない。痩せたら可愛いお洋服が似合うはず☆とか痩せたらモテるはず☆とか希望を持つことができない。今は太ってるけど痩せる気はあるんだもん☆と思ってることで、自分のダメなとこ(痩せる気ない、女子力ない)直視せずに済むし向上心がある自分も演出できる。←書いてて、誰に対しての演出だよ?ってセルフツッコミしたけど、自分に対して、か…。

 

だから、実際に痩せることが目的じゃないってことですよね。実際に痩せたところで夢見たとおりの自分になるかは分からないし、それが怖いから動かない。動かないから痩せるわけがない。一瞬キラッ☆に突き動かされてホットヨガとかジムとか行ってみるんだけど、結局めんどくさいから続かない。「ホットヨガ通ってる素敵な自分☆」が目的だから、何回か行った時点で願い叶ってたから、もういいやってなって続かない。

 

夢を見てキラキラした気持ちを持ってることが目的。あー…確かにキラキラしてるのって楽しいもんね…。そんなキラキラして希望に溢れてる自分が好きなんだもんね…。痩せるか痩せないかに関わらず、「目標に向かって努力してる☆」自分が好きなんだもんね…。

 

あー…。なんか…痛いわ…。書いててへこむわこんなん。でも目逸らさないけど。目逸らしたくないから、直視したいから書くんだけど。

 

で、やっぱり願い叶ってるー。「自分で自分の願いを叶えられるようになりたい」と思ってたけど、既に叶ってたー。自分の願いを見誤ってただけだったー。そこに気づいて、何選ぶか決めて、動くだけだったー。あれ?てことは、自分の願いを叶える力はもう備わってる?だから、変わる必要ないってこと?だから、ただのオンナに「なる」んじゃなくて「戻る」ってことですか?

 

ていうか、自分のことずっと嫌いだと思ってたけど、そうですらなかった?嫌いにならないよう、必死でごまかして取り繕ってた?はぁぁあぁぁ、そう思うと、ダセェなぁと思うのと同時に過去の自分を少し愛おしく感じる。でも、もう取り繕わなくて良いんだよ。そのごまかし行為が、どんどん自分を惨めにするだけなんだから。嫌いにならないためにしているその行為が、心から自信持てない現状に繋がってるんだから。

 

キラキラしてるのも確かに楽しいし、そっちを選んでも良いんだろうけど(友達に言わせると夢見る夢子ちゃんのわたしでもゆっくり変化してるらしい)、もう飽きたし疲れた。夢見なくて良いから自分の気持ち見る。素敵な自分じゃなくて良いから素直な自分でいる。そのための小さな行動を怖がりながら積み重ねる。動く。

 

「自分を責めることを選んでた」についてはこんなところでしょうか。

 

 

そのダイエットの話から派生して興味深かったのが、行動が同じでも中身が違うから結果が違うということ。「一度、好きなだけ食べてみたらどうですか?」と提案されたのだけど、今まで何度となく好きなだけ食べてみたことはあった。もう、こうなりゃ気が済むまで食べたる!そしたら食べたくなくなるだろ!って。で、食べまくって気持ち悪くなってもうジャンクフードやお菓子イラネ→健康的な食生活→やっぱ食欲止まらない(^q^)→ドカ食い のループ。

なんでループしちゃうんだろ、って話になったときに、本当に求めてるのが「食べたくなくなる」ことだからだった。

 

心から「好きなだけ食べちゃうぞー!」って思ってたらそれで満たされて満足するから食べたい気持ちは消化されるんだけど、「好きなだけ食べれば食べたくなくなるだろう」っていう気持ちを抱えて暴食するから、いくら食べても満たされない。物理的に気持ち悪くなって一時的に食べられなくはなるけど、気持ちが満たされてない。心から「食べなくてもいいや」とは思えていないから、願いが叶っていない。だから食べたい気持ちが消化されてなくて、また食べちゃう。

 

お金を使う場面でも、例えば誰かにプレゼントするときに「ここで使っとけば後でまわってくるもんね」と思って使うのと「この人にプレゼントしたいな」と思って使うのでは違うと。前者はお金使った時点で願い叶ってないので気持ちを手放せてないから入ってこない。後者はお金使った時点で願い叶って気持ち手放せてるから入ってくる。のだそう。

 

 

あとは指摘されてうわー…てなったのが、「自分のことなのにどっか他人事みたいに捉えてた」ということ。しかも、ちゃんと直視しないとまずい事ほどその傾向にある。これもやっぱり、自分から目を逸らしてごまかしてたってことだ。だから、どうでも良いことで落ち込んで悲劇のヒロインやって、本当にまずい事からは目逸らして他人事だったんだと思う。自分で、どこまでは悲劇のヒロイン楽しめてどこからが本当にやばいのかの線引きを無意識にしてたんだと思う。自分を責めるときとは違う種類のごまかし?もうね、どんだけごまかしたいのよ…。

 

 

まだ書ききれていないところもあるのですが、こんな感じであっという間の二時間でした。これからわたしが軸にしていくのは

  1. マイナスの感情が出てきたら思いっきり浸りきる。全力で悲劇のヒロインをやる。
  2. どんな汚い情けない自分にもOKを出してあげて開き直る。
  3. 「ちゃんとしなきゃ」って発想が出てきたら敢えて「ちゃんとしない」方を選ぶ。

の3つです。

 

ブログ書いたり読んだりしてるとドロドロの感情、思い出したくない過去、いっぱい出てきます。怖いよ怖いよー、ってビクビクしながらやってます。その都度、はぁこんな気持ちが出てきたわーおっけーと認めています。

 

 

これでひとまず、最初に書いておきたかったことは一通り書けたかな。次回は、じゃあアンタ、ただのオンナに戻るって具体的に何してんの?ってことを書く予定。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

広告を非表示にする