読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手やる。でも本気だよ^^

自分を責め続けてきたわたしが、ただのゴキゲンなオンナに戻ってゆく完全自己満日記

自分の感情に責任を持つ

 

 

こんばんは。めんたい子です。

初めましての方はコチラ↓に目を通していただくとわかりやすいかも。

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

 

ブログ始めてみて思ったことがある。

 

完全に自分のために書く、とか言ってる割に(始めるときそう思ったことは紛れもない事実なんだけど)人からの評価気にしてたり、アクセス解析をめっちゃチェックしてる。あー…ちっちゃいなー。。。自己顕示欲と承認欲求の塊だなー。。。口ばっかりで実際できてなくてかっこ悪いなー。。。と、落ち込む。そういう気持ちが出てきたことは否定しないし受け入れるしそう思った自分にもマルをする。

 

でも、本当に「自分を生きてる」って胸張って言える?そこにやましい気持ちは無いか?人から見てウケが良いだろうって書き方になってないか?←余白やインデントとかの「見やすいかどうか」の部分は良いとして。「こう思われたい」って気持ちが入ってないか?どこまでも、とことん自分に求めてるか?周りに求めてないか?本当に、溢れ出てくる思いを文章にぶつけてるか?

 

本当に、自分をごまかしてないか?

 

記事を一つ書くごとに、公開する前にその部分だけは確認しておきたい。ブログを書くのは、ただのオンナに戻る経過を記録しておきたいから。「公開」にしているのは、ごまかしのない自分を人に伝える練習。でも、例え練習だとしてもそれを人に伝えるなら、外の世界に放つなら、わたしはわたしの発言とその背景にある生き方(感情と行動)に責任を持ちたい。批判も非難もキチガイ扱いも特定される覚悟も必要。そもそも批判されるほど誰かに刺さらないかもしれないけど…って自信の無さも抱きつつ。そうは言っても本名や顔晒す勇気は持てないよ…ていう弱さも抱きつつ。

 

自分の発言と生き方に責任が持てないなら、こういう趣旨のブログはやめるか「非公開」にしたほうが良い。かっこつけた言葉言いたい放題で実際の生き方はなーんも変わってませんでしたー周りから良く見られたいんですーテヘペロ☆みたいのは嫌だ。そんなごまかし、今のわたしは絶対わたしに許さない。

 

なんかちょっと「どう思われてるかなー」(チラッ)みたいな気持ちが出てきたので、自戒を込めて。その気持ちを無視することはせず徹底的に向き合うしそんなちっぽけな自分に落ち込むけど、うーんなんて言えば良いかな、うまく言葉にできないけどそこを否定はしないけどそこに甘んじないで、抱えながらも先へ進みたい。「そんなふうに思っちゃダメ!」っていうのは今の自分を否定することになっちゃうしなんか違う気がする。でも、人からの評価を気にしちゃう気持ち、そういう弱さや怖さを抱えつつも、人からの評価より自分を生きる=自分を大切に、幸せにする方を選びたい。そっちを選ぶ自分で在りたいと思ったのでした。

 

その第一歩として、自己開示して、思いの丈をブログにぶつけるんです。

だから、怖いけど書きますね。

 

 

わたしには同い年の従姉妹がいます。同い年だし女の子同士だし保育園も同じだしで、小さい頃はよく一緒に遊んでました。で、そうするとよく比較されるんですよ。

わたしそのころ優等生ちゃんだったので、おとなしいし聞き分け良いしお勉強も良くできました。背もちっちゃくて標準体型でした。従姉妹は子供らしい活発な子で、勉強は苦手で、ガタイも良くて太ってたんです。声も大きくて目立つから、からかわれたりいじめられたりとかもしてたみたい。本人はガラスのハートの持ち主で、中身めちゃくちゃ「女子」だから相当傷ついたと思うんだけど、でもそれに負けない強さとコミュニケーション能力がある、パワー溢れる子です。

 

優等生ちゃんなので、親戚の集まりなどでは、わたしはまぁ褒められる。わたしと比較されて、「めんたい子に比べてアンタは…」みたいなことを叔母から言われる従姉妹。従姉妹本人からも「めんたい子は良いなぁ、勉強できるし、背がちっちゃくて女の子らしくて」とか言われる。もう、とっても居づらいしどうしたら良いかわからないし、いたたまれない気持ちになるのです。

 

わたしとしては、保育園の先生や他の友達のお母さんから「あぁ、【〇〇ちゃんの従姉妹の】めんたい子ちゃんね~」と言われまくって、わたし自身の存在はなくてあくまで【〇〇ちゃんの従姉妹】という、〇〇ちゃんあってこその存在なんだ、わたしはモブキャラなんだなぁみたいに思って落ち込んでたし、誰からも一発で覚えてもらえて存在感とパワー溢れる活発な従姉妹のことが羨ましかったんですけどね。

 

でも比較されて貶められる従姉妹の辛い気持ちは良くわかると思ってたんです。わたしも母に、容姿の面で弟と比較されて辛い思いしてたから。わたしの弟は目がくりくりのぱっちり二重で可愛い顔してるんです。一方のわたしは右目が奥二重、左目が一重の残念なかんじのお顔。口もいつもへの字で。事あるごとに「あんたと弟君の顔が逆だったらよかったのにね~」って、そりゃもう耳にタコができるほど言われ続けました。で、悲しくて泣くと「冗談も通じないのか」て怒られてね。

 

で、冷静に振り返っても叔母もうちの母もなかなかひどいよなぁとは思うけど、そんな母親最低!と言いたいんじゃなくて。そうじゃなくて、わたしが自分に責任持たずにこの一連の出来事のせいにしてたことがあるなぁ、って気づいたんです。

 

例えば職場で、複数同僚がいる場とかで先輩や上司に「めんたい子くんは良くできるねぇ」みたいなこと言われるとするじゃないですか。そうすると、その発言した人に他意はなく褒めてくれただけだとしても、他の人の気持ちが気になって、嬉しいは嬉しいけど気まずい。そう言われてない他の人はどう思うだろう、落ち込んでしまうんじゃないか、やる気なくしちゃうんじゃないか、とかいろいろ考えちゃうんですよね。で、それを、この一連の出来事のせいにしていた。わたしにはこういう過去があるから、素直に受け取れないですって。更に、そう言ってくれたことに対して正面から受け取れずわざと話逸らしたりして、相手に対して結果的に失礼な態度になってしまったり。

 

でも…「他の人がこう思うだろうなぁ」って…エスパーですか?

 

他の人がどう思おうがそれはその人の自由だし、わたしがそこに踏み込めるとか操作できるとか思ってんの?それってすっごい傲慢。従姉妹の気持ちわかるなぁなんて思ってたけど、従姉妹がどう思うかなんてわかんない。その出来事が従姉妹にとってプラスかマイナスかは従姉妹自身が決めること。それに、わたしと比較された従姉妹のことも、弟と比較されたわたしのことも「かわいそう」って思ってたけど、従姉妹に対してもわたし自身に対してもすっごく失礼。

 

極め付けだけど、一人だけフィーチャーされたら周りの人が嫌な思いするだろうなぁ、って気持ちが芽生えるってことは…他でもないわたしが、逆の立場になったときにそう思ってるってことでしょ?自分の気持ちを投影してるだけでしょ?周りの人はそんな僻み根性持ってないんじゃない?それなのに、その自分の僻み根性見ないフリして、「自分だけ褒められても周りの人のことが気になりますぅ」って良い子ぶってるだけじゃん!また、自分のことごまかしてるんじゃん!

 

実際つい最近も、20人くらいで研修受けてる中で特定の人が講師に話しかけられてると「えこひいきだ!」と羨ましがったり、男性に優しくされてる若い女の子見て「結局若さと顔か!クソッ!」と僻んだり、超かわいい友達と2人で歩いてて居酒屋のキャッチが友達にしか話しかけてなくて友達しか見てなくて「あぁ、やっぱりわたしはモブキャラだな。わたしなんて相手にされないんだな」って比較して落ち込んだり。

 

あぁぁぁ、ちっちゃくて汚いなぁ…また嫌な自分出てきたなぁ…。目逸らさないけど。徹底的にマイナス感情に浸るけど。このちっちゃくて汚い自分からしか始められないから。

 

何言いたいかわかんなくなってきたけど、つまりわたしはまだ自分をごまかしてるってことと、人の感情が必要以上に気になってるうちは自分の感情に責任持ててない、誰かのせいにしようとしてる、自分のことも人のことも信用できてないってことに気づいた。「必要以上に」気にしてるってのがミソで、これは本当に相手の気持ちを考える優しい心とは違うと思うんだよね。結局気にしてるのは自分がどう思われてるかってところだから。

 

そして、まだ人のせいにしてぬくぬく現状維持したい気持ちがあるってことだ。自分にどんな感情が湧いて来ようと、誰のせいにもせず自分の責任!って心から納得してそう思えているなら、周りがどう思うか必要以上に気にならないはずだから。他の人だって各々自分の感情には自分で責任持ってるだろう、って前提で生きてるはずだから。そういう世界、関わる人のこと信頼できる世界で生きてるはずだから。

 

もう、しつこいっ!ぬくぬく現状維持は選ばないって決めたから!自分の感情に責任持つ粋な世界で生きるって決めたから!

 

でもきっと一足飛びにポンッと簡単にそっちに行けるなんてお手軽なもんじゃなくて、こうして一歩ずつ気づきながら、行動を積み重ねながら、近づいていくものなのかもしれない。

 

それではまた。今回も最後まで読んでくださりありがとうございます^^

広告を非表示にする