読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにいてもいい

自分を責め続けてきたわたしが、ただのオンナに戻ってゆく完全自己満日記

自分を尊重する覚悟と、どう行動するか

 

 

こんにちは。めんたい子です。

初めましての方はコチラ↓に目を通していただくとわかりやすいかも。

 

 

突然ですがわたしはめちゃくちゃ金遣いが荒いです。いい年して自分の独身時代の貯金ゼロです。(一応、夫婦共同での貯金はありますが。)ていうか、貯金ゼロどころか、なんなら借金あります。。。あぁー言っちゃったー。。。でもこれを言わないことには自分の正確な状況を綴れないし、てことは純度100%の気持ちも隠さなきゃいけないし、どっかでついうっかり借金のこと書かないようにしなきゃ!って気を付けながら書くの嫌だから。だから本当に恥ずかしいけど書きました。はぁ…。

 

借金は今月完済できる予定です。詳しい理由は今回のテーマと違うので省きますが、要するに貯金がないので、現実問題、稼がなきゃ生きていけないんです。1ヶ月ゆっくりするだけの蓄えすらない。情けない。。。もちろんこれも完全に自分の責任で、過去に自分の限度を超えてラクしまくった自分が創り上げた現実。で、借金持ち貯金ゼロの分際で何ぬかしてんだよと思われそうで怖いんですけど本音を言うと、

 

わたし1日8時間も働くの無理です。

週5日働くなんてできません。

 

仕事だけでぐったりしてしまって家帰っても何もやる気にならなくて、何かを楽しむ余裕すらない。3時間くらいぼんやりしないと回復せず何もできません。そして日が変わって睡眠不足で翌日も体調すぐれない悪循環。仕事だけでもそんな感じなのに、それプラス家事とかほんっとうに無理。完全なるキャパオーバーで常にイライラします。そのイライラをぶつけるために、重箱の隅をつつくように夫に文句言います。あー、可愛くない嫁だわ。ていうか本当、うまく両立できてる人尊敬するわ…。

 

こんなん言うても20代前半は完全なる社畜でした。まぁ若くて体力も今よりあったし実家暮らしだったのもあるけどね。平気で何時間も残業したし、なんならサービス残業もしたし、後輩にも「残業代出てるんだから1分1秒むだにせずキビキビ動け!(キリッ)」て指導したり。今考えると恐ろしい。何だろう、人に必要とされたがってたんだろうか。頑張ることで自分の存在意義を職場に求めてたんだろうか。

 

でもやっぱり体は正直で、もともとそんなに体力あるほうじゃないのもあって、行きたくなくて平均月1回は病欠したし←超迷惑、人間関係もうまくいかなくて3年で限界きて胃がやられて行けなくなって(いや本当は身体の状態的には行けたけど行きたくなかったからその口実にしただけです。)仕事の引継ぎもせず逃げるように退職←これも超迷惑。自分を生きてなくて無理して、結果的に周りに迷惑かけまくる典型的な例ですよね。

 

それからは、なんかもういいやーと糸が切れてしまい、フルタイムだけど残業ゼロの派遣社員として働きます。この頃から夫と一緒に住んでたし。しかし残業ゼロでもフルタイム+家事の両立はわたしには無理だった。変な理想掲げて、でもその通りに全然できなくて、いつも超イライラしてた。一緒に住み始めた頃からもう無理とは思っていたのに、その気持ちを無視してた。「みんなこのくらいやってるから」「普通はこれくらいできるから」「仕事と家事の両立なんてできて当たり前だから」「これに加えて子育てしてる人だっている。もっと大変な人だっているんだから」「今の時代は女性も男性と同等に働いて稼ぐのが当然!」というわけわかんない理由を並べてイライラしながら過ごしてた。

 

何を集めてきてるの?大変さ競ってどうするの?いちばん大変な人がいちばん偉いの?誰に認められたいの?その「普通」って何?誰と比べてるの?比べてどうするの?仮に実際の知人でそういう頑張ってる人がいたとしても、元々の能力が違うんだから(だからわたしのほうが劣ってる、とかじゃなくて自分を生かすのがそこじゃない)比べて落ち込んだって仕方ないのに。でもこの場面でも、人と比べて落ち込んで悲劇のヒロインやる方を選んでた。

 

イライラしながらも必死こいて数年やってたら何とか雑務はこなせるようになってきた。そんな折「派遣社員じゃこの先不安だよな」「やっぱ一生もんの資格がほしいな」「この先子供産んだとしても復職できる仕事に就きたいな」「産休育休完備の正社員が良いな」「ボーナスほしい」「今の時代、嫁も正社員で働くのが当然!」「夫も正社員なら喜ぶし!」みたいな、すごく「世間から見てご立派な」理由で資格の勉強をしてみるけど動機が動機だから全くやる気にならず。もう資格は後からで良いや!と、とりあえず転職。

正社員になるけどハードワークでイライラMAX。家事も全然できなくてやりたくなくて、家の中荒れ放題、家の中の空気も冷え切ってる。体調も崩しまた最初の仕事と同じように行けなくなり、たった6か月で退職…。残ったのは借金とセックスレス。最初の仕事で働きすぎが無理ってわかったから辞めたのに、同じ轍を踏むなんて。

 

その後、自分がどの程度なら機嫌良くいられるか?を運良く体感した出来事が。いろいろあって沖縄に引っ越すことになったんですけど、沖縄では数ヶ月間ちょっとした企業研修みたいなものを受けてたんです。1日6時間。研修内容難しくて頭痛くなるくらいフル回転させて、実際の業務に則したグループでの制作課題もあって結構ハードで。本当に必死にならないと研修についていけない感じだったんですけど、でも気づいた。

 

あれ?なんか毎日、快適。わりと機嫌良い。

 

実際の業務についてなくて気がラクなのもあったかもしれないけど、研修内容が自分の指向と合ってたのと、拘束時間が短いのが良かったんだと思う。このくらいだったら、わたし、無理せずやれるわ。つまり、内容はラクじゃなくて良くて、(ラクな仕事もやってみたけど超つまんなくて飽きて無理だった)ハードな内容でも、自分が興味ある分野であって拘束時間が短いなら、楽しみながら自分の力を発揮できる。そう体感できた。本当に運が良かった、ありがたいことです。

 

さて、自分がどういう環境が無理なのかわかった。どういう環境なら楽しんでやれるかもわかった。

 

「で、どうすんの?」

 

って話ですよね。

 

まず自分を尊重する一歩として、夫に勇気を出して打ち明けました。わたしフルタイムで働くのは辛い、体力的にも無理がある、家事との両立が難しいって。元々夫は、わたしにもフルタイムで働いてほしいと思っているのを知っていたので(むしろわたしが無理してバリキャリ志向だったから夫にそう思わせてたのかも)、わたしにはできないよーって打ち明けるのめちゃくちゃ怖かった。嫌われるかもしれない、話が違うって責められるかもしれない、金食い虫と思われるかもしれない、ラクしようとしやがってと思われるかもしれない。すーっごく怖かった。でも、仕事も家事もバリバリこなす元気で明るい、夫の自慢のハイスペック嫁めんたい子ちゃんになるのは諦めた。

 

ていうか今書いてて気づいたけど「ハイスペック嫁」ってキーワードが出てくる時点で、自分の人生生きてなくない?なんで夫ありきでの、夫目線でのわたしになってんの?ていうか夫のせいにしようとしてるよね?夫が働いてほしいっていうからって。誰基準で生きてんの?なんでスペックなんて、外側から見た基準で自分の価値決めようとしてんの?なんでよくわかんない世間に認められようとしてんの?ていうかどんだけ2chまとめサイトに感化されてんの?どんだけ自分のこと、どうでもいい扱いしてんの?はー…。まだまだいっぱい出てくる。自分の人生生きてない証拠。

 

話戻して、夫にそう打ち明けたところで別に嫌われなかった。責められなかった。表情からしてちょっとガッカリはしていたと思うけど、「そっか、じゃあどのくらいなら働けそう?」って、わたしのことを尊重してくれた。結局、自分のこと尊重してなかったのは自分だけだった。

 

あー…ここまで書いてみてまた、見ないフリしてる自分に気づいた。本当の本当はもうちょい無職続けたい。でもわたし個人の貯金ない。税金払えない。携帯代払えない。奨学金も払えない。「もう少しゆっくりしたいから、夫婦共同の貯金を1ヶ月生活費に充てても良い?」って、夫に聞く勇気ない。それこそ金食い虫と思われそうで、ズルしてると思われそうで怖い。

それと、夫にどう思われるかは置いといても、無職期間が長くなればなるほど仕事見つからないんじゃないか怖い。

 

あー、怖いけど…ここスルーしたらきっと今までと同じだよね。

 

決めた!夫の次の休みに相談します。

どういう答えが返ってくるかに関わらず、とにかく自分は今こうしたいと思ってるって、伝えるだけ伝えてみる。それでもし断られたら仕方ない。その時は、1ヶ月だけ頑張って拘束時間長くなる覚悟で短期バイトして日銭稼ぐなり、ゴリゴリ節約して繰り越し金を頑張って作るなり、ポイントサイトでちまちま小銭稼ぐなり、ブックオフに大好きな漫画売るなりすれば良い。毎週買ってる少年サンデー買うのやめれば良い。ニコ動の有料会員も解約すれば良い。コンタクトやめて眼鏡にすれば良い。豆腐と卵を駆使して貧乏飯作れば良い。食卓寂しくて夫にがっかりされるかもしれないけど。

 

今はもう少しゆっくりしたいっていう自分の本音に沿って、自分を尊重して生きたいんだから、その覚悟をしよう。生活のためにあくせく、必死になって惨めかもしれないけど、一時的に自由にお金使えなくなって遊べなくておいしいご飯食べられない覚悟をしよう。それよりも、自分を尊重できた自分を誇ろう。

 

これが、自分を尊重する覚悟と行動のひとつです。小さなことだけど、また一歩、勇気を持って行動します。

 

そして大事なことだけど、どんなにお金なくて惨めでも、もう借金は作らない。クレカでバシバシ買い物しない。生活にあくせくしてる自分より、自分の現状から目を逸らして借金作る自分のほうが惨めだからね。

 

それではまた!