ここにいていい

ずっと生きづらかったわたしが、ゴキゲンなただのオンナに戻っていく日記

ちゃんとしなくてもどうにかなったわ

こんばんは。めんたい子です。

初めましての方はコチラをご覧いただくとわかりやすいかも。

 

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

初回セッションの際、ただのオンナに戻る軸のひとつとして

「ちゃんとしない」ということを提案されました。

わたし今まで、「ちゃんとしてない」のすっっごく嫌だったんです。

 

例えば、suicaの残高不足で改札ひっかかるのとか、

会計のときポイントカードが見つからなくてモタモタするのとか、

サブウェイで注文方法がわからなくてフリーズするのとか。

 

でも、思い返して「ちゃんとしなくても別に平気だった」って体験をしたので、

そのことについて書きます。

 

これはセッション受ける前の話です。

引越し4日前くらいに今年イチの重い風邪ひいてしまって。

当日になっても荷造り終わらなくて、熱でフラフラになりながら

一人で作業してたんですけど、結局引越し屋さん来たときまでに

荷造り終えられなかったんです。

 

普段のわたしだったら、前日の夜には完璧に終わらせてるんです。

引越し屋さん来てるのに自分のせいで荷物運び出せなくて待たせるのとか、本っ当に嫌なんで。

でもその時は、そんなん考えられないくらい体辛くて無理だった。

 

おまけに、事前に電話で「こういう類のものは運べません」と言われてるものも

ガンガン入ってて、引越し屋さんと1個ずつ確認しながら出したり、

運べるサイズの上限を超えてる荷物もいくつかあって、中身を2つに分けて梱包し直したり。

梱包も熱でフラフラで超適当だから引越し屋さんにやり直してもらったり。

挙句の果てに、その場で料金支払う話になってて前もって料金も聞いてたのに、

手持ちのお金が足りなくて近所のコンビニにお金下ろしに行ってその間待たせてしまった。

 

今思い返しても相当迷惑かけたなと思う。

 

でも、荷物は届いたし引越しは終わったし、別に怒られなかった。

そりゃわたしがお客さんだからかもしれないけど。

でも、ちゃんとしなくても意外と平気だな、と体感した。

 

で、セッションで「ちゃんとしない」ほうを選ぶ、ということを提案されたので

今びくびくしながらもちゃんとしない、を少しずつやってみてます。

 

 

まず、

●家事はやりたい時だけやる。

 

わたし家事苦手なんです。基本やりたくない。

でもちゃんとやらなきゃと思ってて、毎日そうじ!とか毎日弁当作る!とか決めてました。

で、セッション受ける前も、結構家事はサボってたんですよ。

うち、夫もあんまりそのへんうるさくないんで。

でもやらなきゃと思いつつサボるから罪悪感がはんぱない。そしてお得意の自分責め。

そして勝手にイライラするパターン。で、家の空気最悪。

 

で、セッション受けてからは、「敢えて」やらない。

やりたい時だけやる、を心がけてみました。

そしたら、現実の家事の頻度はたぶんそんなに変わってないんですけど、

やりたくないときはやらなくて良いって決めてるから、罪悪感ないしイライラしない。

イライラしないから家の空気が和やか。

で、ずっとやってないと不思議と、自然に「そろそろ掃除でもすっか」と思える。

やりたいからやる。だから前より家事が嫌いじゃなくなる。

 

という好循環!

ちゃんとしなくても「どうにかなった」どころか、ちゃんとしないほうが良い結果になった。

 

 

あとは、これ本当に小さいことなんですけどね

●横断歩道で小走りしない

 

これどういうことかっていうと、横断歩道渡ってるときに右折・左折しようとする

車が、歩行者が渡り切るの待ってくれてますよね?

その時、「早くしなきゃ!」と思っていつも小走りして渡ってたんです。

でもここで「ちゃんとしない」を実践してみよう、と思いついて、

右折車・左折車がいてもスピード変えずに歩いて渡ってみた。

 

結果、全然なんでもなかった。笑

 

別にクラクション鳴らされるわけでもないし、罵声浴びせられるわけでもなかった。

わたしは一体何に怯えていたんだろう?

 

 

あともう1個!これ結構びっくりしたんですけど

●敢えて効率の悪いことをしてみる

 

わたし、仕事でも家事でもあらゆる場面で、作業の効率化が好きだったんです。

あ、違うな。効率化が好きなんじゃなくて、効率が悪い自分が許せなかったんです。

だから「どうすればもっと効率良くなるか」って常に考えてた。大げさじゃなく割とマジで。

でも、いつも自分にできない無理な理想掲げるから理想通りテキパキできなくて、

「なんでできないのキーッ」て悔しくてイライラしてた。

 

だから、それやめてみたんです。敢えて効率悪いほう選んでみることにした。

例えば、飛行機の座席。早く降りれるように、いつもは前列の通路側を指定してたけど

後列の窓側にしていちばん最後に降りてみたり。

 

料理するとき、「●●やってる間に××やって~」とか考えないで、

手が動くままに作業してみたり。

 

あとは、わたし歩くの超早いんですけど、わざとゆっくり歩いてみたり。

 

 

そんなんしてみたけど、別に困らなかった。

困らなかったどころか、なぜか心穏やかでみんな優しい♪

 

きっと、わたし根がどんくさいんだと思うんです。

どんくさいのに無理して効率化しようとしてたから、いつもキリキリしてたんです。

それを、本来の自分のペースに合わせてゆっくりのんびり生きてみたから、

心穏やかなんだと思います。

 

もちろん、根がテキパキしてる人はテンポ良いほうが生き生きするのだと思うし、

ゆっくり生きるのが絶対良いって思ってるわけじゃありません。

ただわたしにとっては、テンポを落とすことが、「ちゃんとしない」ことだったというだけです。

 

「自分を明らめよう」と思って「決めて」やったことじゃないけど、

ちゃんとするのやめてみたら、結果的に自分が明らめられて、

根がどんくさいことがわかった、という感じです。

 

だから、いろいろ気になることも心配ごともあるけど、

基本的に心が平和ででびっくりしてます。

 

 

以上、ちゃんとしない行動についてでした!

それではまた!