読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手やる。でも本気だよ^^

自分を責め続けてきたわたしが、ただのゴキゲンなオンナに戻ってゆく完全自己満日記

がめついオンナ。

がめついオンナ。それはわたしです。

 

 

すごくダサいな恥ずかしいなってずっと思ってることがある。だからブログに書いてみる。これで、自分がどう思うか。変わるのか、変わらないのか。どういう心境になるのか。

 

 

まだ、ただのオンナ継続コース始まる前の話です。

 

知人がスマホなくしたってめちゃくちゃ落ち込んでたから、反射的に「型落ちのiphoneで良ければあげるよ?」って言ってしまった。でも5秒後に「…やっぱやだ。なんでわたしそんなこと言った?普通にiPod代わりにガンガン使ってるのに~」って思って後悔。←器ちっさい

自分のiPodが壊れていよいよ使い物にならなくなってしばらく後、運よく新古品のiPhoneが無料で手に入ることになって、ありがたく使ってたんです。そのために色々調べたり、アクティベーションロック解除用のSIM買ったり。ジョギング中に音楽聞きたい!て自分の願いを叶えるために頑張って動いと思います。まぁ、ほんと小さいことですけどね。

 

今更「やっぱあげない」とも言えないし、めっちゃ喜んでるし…と、結局iphoneは知人の手に渡りました。でも、もうあげちゃおうと決めた後も、「ほぼ新品同様だからまぁ数千円でもお金とか、最低でもごはん奢るよーとかあるよね」とかチラチラ思ってた。

 

がめつーい…。

 

てか子供のころにも同じようなことがあった。普段使ってるお気に入りのおもちゃをお誕生日プレゼントに従姉妹にあげた。でも帰るとき惜しくなって、やっぱり返してって言った。めっちゃ従姉妹に泣かれたし(←当然)、めっちゃおばちゃんに怒られたなー…。子供のころからがめつい自分が恐ろしい。

 

あーこれ、あげたくない気持ちとか「ほぼ新品同様だからまぁ数千円でもお金とか、最低ごはん奢るよーとかあるよね」って気持ちが湧いた自分ががめついなーと思ったけど、それは確かに超がめついんだけど。それも本当にかっこ悪いしダサいし恥ずかしいんだけど。

違うわ。てか違くないけど、もう1個あるわ。

 

なんで現在進行形で気に入って使ってる大切なモノなのに、それで音楽聞くたび良い気分になれているのに、超めんどくさい初期設定、時間と手間暇かけて自分を楽しませるためにやったのに、反射的に「あげる」って言ってしまったんだろうと。

 

そっちかなぁ、向き合わなきゃいけないの。本当にあげたいって思っての行動ならもちろん良いけど、結局後悔していつまでもあのiphoneのこと思い出してんじゃん。音楽聞けない…ってうじうじしてんじゃん。自分の気持ちを最優先にできてない。「目の前に困ってる人がいるから、助けなきゃ☆」っていう、いわゆる世間で良しとされてる軸で動いてるんじゃん。しかも無意識に反射的に。(しつこいけど、自分が助けたいから助けたんならそれで良い)

 

反射的に「良い子」の言動をした自分、スーパー超絶がめつい自分に気づいた

はあ、「良い子」が染みついてるんだなぁ。モノに対しての執着がすごいなぁ。と、明らめる。たんたんと見つめる。

で、どうする?

 ↓

 …うーん。「良い子」の面では、地味なことだけど、現実で形として見えないことだけど、自分の言動ひとつひとつに「わたしは今本当にそうしたいと思ってやってるか?」って、自問自答していくしかない気がする。

がめついのは…どうしよう。今も現在進行形でがめつくって本当に嫌なんだけど、これはもう「自分を純粋に生きてれば、そういう周りのことは自然とどうにか整ってくる!」てのを信じて実践することかなぁ。

広告を非表示にする