読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにいていい

ずっと生きづらかったわたしが、ゴキゲンなただのオンナに戻っていく日記

今勇気出した!心臓バクバクしてる!

今!たった今です!わたしの弱虫の男性性が怖がりながら動いた…!動けたことがうれしくて、そして怖さの後味で震えている…


ファーストフードが満席で、席空くのを立って待ってたんです。前に1人待ってる方がいて、店員さんが捌いているわけではなくなんとなくわたしも並ぶ感じに。

その後男性が来て同じようにわたしの後ろに並ぼうとしたちょうどその時、席が空いた。すかさず素早く座ろうとする男性。しかし店員さんが現れた!
店員さん「申し訳ありません、前にお待ちの方がいらっしゃるので…」
引き下がる男性。

店員さんここで場を離れる。続けてもうひとつ席が空いた。またも素早く座ろうとする男性。しかし店員さんは現れない!
わたし「すみません、わたし先に待ってたので(座って)良いですか?」
引き下がる男性。

早く座りたい女性性のために、男性性が動けた!うれしい!すごくうれしい♡今までのわたしなら何も言えず譲り、でもすげームカつくムカつくって多分夜まで言ってたと思う。笑
それが、自分のために動いたら何も腹立たないもんね!その後すぐその人も座れてたよ。良かったね!

だけどこれはだいぶ周りや状況に助けられてると思った。まず店員さんが直前にその男性に同じことを言ってたから言いやすかったし、「並んでる順番を守る」っていわゆる正義じゃないですか。正義を振りかざせちゃうじゃないですか。

だから、そこに正義感が混じってなかったかな?って今思い返してる。正義感抜きで、本当に自分の願いを叶えるってための行動だったかな?って。咄嗟の出来事で自分の気持ちを感じるより早く口が先に出てしまったので。

でも逆に、言いやすい状況に周りの世界がそうなってくれた、世界が味方してくれたとも言えるよね。まずはそれをめいっぱい味わって受け取りたい!ありがとう世界♡